瀬戸内寂聴の自宅TV初公開! 深イイ話 4/2
2018年4月2日に放送された「人生が変わる1分間の深イイ話」では、95歳になる瀬戸内寂聴さんの200坪の自宅をTV初公開しました。

瀬戸内寂聴さんと美人秘書に密着第2弾の今回は、超豪華なお屋敷をテレビで初公開!

そして、超強烈なキャラ弟子も登場しました。

ということで、瀬戸内寂聴の自宅TV初公開! 深イイ話について書いていきます。

スポンサーリンク




瀬戸内寂聴の自宅TV初公開! 深イイ話

95歳、瀬戸内寂聴さんが200坪のお屋敷を今回初公開しました!

まずはポストに書かれた存在感ありまくりの3文字・・・「瀬戸内」

そうです!深イイ話に2度目の登場となる瀬戸内寂聴さん(95歳)

寂聴さんの法話を聞くために約500人の悩める方々が集まり、そのお声を聞くだけで涙してしまうほどあがめられる僧侶さんでありながら、小説家として400冊以上の本を出版し、今なお新刊を出し続けている現役のベストセラー作家さんでもあります。

昨年『いのち』を発売されました。

そんな寂聴さんを人々は 【生き仏様】 とあがめ、2006年には天皇陛下から直々に「文化勲章」を授かり、名実ともに女性として頂点を極めました。

前回の密着では、95歳にして好きなものを食べまくり、飲みまくりと超パワフルな食生活をされていました。

さらに、生き仏様に8年仕える美人秘書の瀬尾まなほさん(30歳)と一緒にスマホの加工アプリで爆笑したりと、とっても若々しい元気な姿を見せてくれました。

この日は敷地面積がなんと500坪もあるご自宅へお邪魔しました。

そこには寂庵にテレビの取材が。当然ながら寂聴さんの取材かと思いきや…実は秘書の瀬尾さんが出演する番組の取材でした。

寂聴さんを支える秘書の瀬尾さんは、小説家としての寂聴さんのスケジュール管理から自宅の掃除、食事までも全面サポートしているのです。

そんな瀬尾さん。実は寂聴さんから「文才があるんだから本を書きなさい!」と勧められ、去年11月に『おちゃめに100歳!寂聴さん』エッセイを出版しました。

すると初出版としては異例の18万部のベストセラーになったそうです!

テレビ取材を終え、寂聴さんのとった行動は・・・。

なんと真昼間からビールを1杯、さらにビールが日本酒のチェイサー代わりになり、なんと番組ディレクターさんにまで勧め、恋愛相談も交えながら楽しく飲んでいました。

寂聴さんがどうしても紹介したい人がいるそうで、出てきたのは寂庵で一番古いとされる人で約30年寂庵の御堂の担当をしているという馬場君江さん。

見た目はとても若々しいですが年齢を聞いてびっくり!71歳だそうです。

なんでも寂庵に勤めるとみんなお肌が若返るのだそう。その理由は、美意識の高い寂聴さんが褒めてくれるからなんだそう。

寂聴さんは毎日パックをし、テレビ撮影の時はつけまつげを付け、最近では美顔ローラーにまでしているそうです。

スポンサーリンク




超強烈キャラ登場!

寂聴さんに密着していると、ほぼ毎日お客様が来ていました。

そしてなんとキャラ強めにのオバサマが出てきました。

お顔もキャラもパンチが強いこの方は実はお弟子さんで、40年前に徳島で開講していた寂聴塾の生徒さんだったお調子者の小林陽子さん(当時40歳)でした。

陽子さんが来ると寂聴さんはいつも元気になるそうです。

瀬尾さんが30歳の誕生日の時には寂聴さんが最後の晩餐と決めている超高級すっぽん鍋をご馳走していました。

なんと番組スタッフさんにまでご馳走していました。

すると「500万円貰ったからご馳走する」と意味深な発言をしました。

これは2018年1月に多大な社会貢献をした人に贈られる朝日賞を受賞し、副賞として500万円いただいたのだそうです。

そこで番組スタッフさんはお礼に若者の流行りが大好きだという寂聴さんにハンドスピナーをプレゼントすると、寂聴さんは大喜びされていました。

なのでもう1つ、若者に流行りの「にぎってつぶつぶレインボーボール」を見せると、最初は戸惑いながらもとても楽しんでいました。

寂聴さんが月に一度行う法話には150名を超すファンがずらりと並びます。

しかしこの法話に参加するのはとても難しいそうで、競争率が厳しく中には10年前から応募していてやっと当たったという方までいました。

当選倍率は約10倍になるそうです。

そんな大人気の寂聴さんも5月で96歳になります。

カメラの前ではいつも元気な姿を見せていますが、実は足への血液が不足することで痛みを伴い悪化すれば切断の可能性もある「下肢閉塞性動脈硬化症」という病気を抱えていました。

「本当にここ半月くらいでいよいよ来たなって感じ」と思い、もしもの時を考え終活をスタートさせてそうです。

そのリアルな思いをテレビで初めて語りました。

まだ書いてはいないそうですが、遺言を書かないといけないと言っていました。

しかし終活よりも今一番心配なことは、「この頃またご飯食べたくなって美味しくて酒飲んで、食欲が増してきた」という事だそうです。

まさかの終活よりもダイエットなんだそうです。

スポンサーリンク




200坪のお屋敷を初公開!

寂聴さんが8年前まで住んでいたというお屋敷 寂聴庵。

約20年前に2億円で購入したというお屋敷。

その広さは200坪7LDKの大豪邸です。

広々とした14帖の和室、現在は来客の宿泊用として使っているそうです。

部屋の中から外を覗けば、梅や桜が咲き誇る庭園があります。

そして1番こだわったというお部屋が囲炉裏の部屋です。

ここには寂聴さんと親交のある名だたる文豪達が集まり、頂点を極めた人達が集う会話に花を咲かせたという空間です。

寂聴さんは財産の数もすごく、寂庵を含め3軒も家があるそうで「家を買うのが趣味だったの♡」と笑っておっしゃっていました。

また美術品も好きだそうで、部屋に飾ってあるシャガールの絵のお値段は覚えていないそうですが、数千万円は超える絵だそうです。

寂聴さんに質問

すごいなって思う人はいますか?という質問には「スポーツ選手は感心します。」ということでした。

どういったスポーツ選手ですか?と聞くと「賞を取る人、オリンピック選手しか知らない。」ということですが、寂聴さんが尊敬しているオリンピック選手は、1988年ソウルオリンピックでシンクロソロ・デュエット共に2つの銅メダルを獲得したシンクロの女王、小谷実可子さん。

その美しさからマーメイドと呼ばれていました。

次の質問は「幽霊って怖いですか?」という問いに「出てきたら面白い。怖くない。」と断言。

そこで、加工アプリで怖いスタンプを試すと、笑いながらも全身全霊で怖がるお茶目な寂聴さんでした。

1分間の深イイ話⇒寂聴さんの教訓

女性でも男性でも、自分が幸運な時、運が向いている時は必ず悪口を言われる。

悪口を言われるという事は悪口を言いたくなるほど幸運。

悪口を言われる=周りから幸せに思われている

つまり、周りから認められている証拠なんだそうです。

そういう悪口に倒されていたら誰も上に行けないのです。

実は寂聴さんも本が売れる度にバッシングを受け、干された経験が。

しかし、どんな逆境にも負けず這い上がってきた。

これが頂点を極めた人の教訓でした。