あさイチレシピ ファンインソンの韓国おやつホットク 4/19

2018年4月19日に放送された「あさイチ」の「みんな!ゴハンだよ」では、韓国のおやつ『ホットク』の作り方を、話題の韓国料理研究家ファン・インソンさんが教えてくださいました。

まるで女性のような、可愛すぎる料理研究家ファン・インソンさんにも注目でした!

ということで、あさイチレシピ ファンインソンの韓国おやつホットクについて書いていきます!

スポンサーリンク




あさイチレシピ ファンインソンの韓国おやつホットク

2018年4月19日に放送された「あさイチ」の「みんな!ゴハンだよ」では、韓国のおやつ『ホットク』の作り方を、話題の韓国料理研究家ファン・インソンさんが教えてくださいました。

今日ご紹介するのは、韓国のおやつ『ホットク』です。

モチモチ、サクサクしていて、おやつや軽食にぴったりです。

今日の先生は、韓国ソウル出身の料理研究家、ファン・インソンさんです。

ファンさんは韓国でモデルや看護師をされていて、結婚を機に日本にいらっしゃって、日本に住んで4年、本場の味が学べる料理教室が大人気なんです。

とっても美しい顔立ちをされている男性の先生です!

ホットクとは、韓国では冬の定番料理です。

ただ最近はいつでも年中食べれるようになりました。

スイーツですが、おかずにもなるし、甘いものを入れてアレンジもできるお料理です。

早速教えていただきましょう!

スポンサーリンク




ホットクの作り方

まず、強力粉100gに米粉100g入れます。

米粉が一番重要で、サクサク、中はもちもちになります。

そこにお塩を少々、ドライイーストを3g入れます。

ドライイーストはお塩とくっつけると活動しなくなるので離して入れましょう。

そしてぬるま湯(35℃)100~150mlを50mlずついれながら、ゴムベラで優しく混ぜていきます。

最初はへらを使ってかたまりを作ってから、手でこねます。

次は中の具を作っていきます。

黒砂糖150gにシナモンパウダー30g、ミックスナッツ(食塩不使用/粗めに刻む)30g、かぼちゃの種15gを混ぜていきます。

韓国では松の実とかヒマワリの種を入れる場合もあります。

最近は家庭で作るのが流行っているんです。

何より簡単で、調理時間も短いのがいいですね。

生地のほうがこねてまとまったら、、ラップをしてボウルごと40℃のお湯に20分間浸します。

すると、2倍に膨らみます。

そうしたら、手に油を軽く塗って、1個分(約75g)を取って丸めます。

3、4個分くらいだと思ってください。

直径8~9cmの大きさに広げたら、中に先ほど作った具(大さじ1程度)を真ん中に置きます。

肉まんのような感じですね。

そうしたら、引っ張りながらねじって、包んでいきます。

これを焼いていきます。

フライパンにサラダ油を多めにひきます。(大さじ1)

火は弱めの中火です。

温まったら、フライパンにホットクをつぶさずに置きます。

下に焦げ目がつくまで1分30秒ほど焼いていきます。

ひっくりかえしたら、ホットク押しで上から押さえます。

韓国には専用のホットク押し器があるんですよ!

ネットに売っていました!

楽天>>>【韓国食品】ホットクヌルゲ(押し器) 【韓国食品】【日用品】【キッチン】 ★楽天最安値挑戦★

amazon>>>ヌルゲ(ホットック押し器) 昔ながらの韓国おやつホットック作りに便利で楽しい調理器具

ただ、なかなか日本の家庭にはないと思いますので、かわりに小鍋の裏に油を塗って、厚さ1cmくらいになるまで押し付けます。

鍋の中にぬれ布巾などを敷いたりして、やけどに注意してくださいね。

そしてまた1分30秒焼いていきます。

ゆっくり押すのがコツで、いきなりばっと押してしまうと、ひびが入ったりして具がながれちゃったりしてしまいます。

もう一度返して、1分弱焼きます。

仕上げに、ホイップクリーム(市販)やミントの葉、さくらんぼ(缶詰)を盛りつけました。

これで出来上がりです!

他にも、ピザ風ホットクも紹介されました。

スポンサーリンク




ピザ風ホットクの材料

たまねぎ(みじん切り)1/4個分、ピーマン(みじん切り)1/2個分、バジルの葉、ベーコン(みじん切り)2枚分、トマトケチャップ大さじ4、ピザ用チーズ100gです。

色々なアレンジもできるので、ぜひ作ってみてくださいね。

関連記事⇒ファンインソン 嫁は日本人 自宅を公開!