たけしの家庭の医学 肩こり 体操 4/24

2018年4月24日に放送された「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では、肩こり解消カンタン体操として「ねころび体操」が紹介されました。

肩こりの根本原因は、首や肩の筋肉ではなく、全く別の場所にあったことが判明しました。

立ち姿で分かる、その根本原因とは、一体何だったのでしょうか?

そして、一週間で簡単に肩こりを解消できるという、効果バツグンの「ねころび体操」が紹介されました。

ということで、たけしの家庭の医学 肩こり 体操について書いていきます。

スポンサーリンク




たけしの家庭の医学 足ゆらゆら体操

2018年4月24日に放送された「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では、肩こり解消カンタン体操として「ねころび体操」が紹介されました。

多くの日本人を苦しめているつらい肩こり…

その悲鳴を如実に表しているデータがあります。

厚生労働省が調べた、女性のが感じる身体の不調ランキングによると、2004年以降、1位はすべて肩こりです。

最新の調査結果でも、やっぱり1位は肩こりなんです。

これで、13年連続、肩こりが圧倒的な強さで、1位を独占し続けているのです。

スポンサーリンク




そもそも肩こりとは?

そもそも肩こりというのは、僧帽筋といわれる、首から肩にかけての筋肉が硬くなることで、痛みを発する状態のことなんです。

その原因は、長時間同じ姿勢を続ける、運動不足、目の疲れ、ストレスなどなど、人によってさまざまあることがわかっています。

実は最新の研究によって、一番多くの人が抱えていると考えられる、肩こりの根本原因がわかってきたというのです。

しかも、その原因を取り除くことができれば、何をしても治らない肩こりを改善することが夢ではないといいます。

さっそく、その肩こりの根本原因を見極め、肩こりから患者さんを救い続けている名医のもとを訪ねました。

愛知医科大学病院整形外科特任教授で、日本肩関節学会理事、岩堀祐介先生です。

先生、肩こりの根本原因って、いったい何なんですか?と尋ねると、

肩こりの根本原因は、首・肩の筋肉にあるのではなく、全く別の場所にあるというのです!

その原因によって肩こりになっているかどうかは、とても簡単な方法でわかるといいます。

その方法とは?

なんと、正面から立ち姿を見る、たったこれだけなんです。

首や肩ではなく、別の場所が原因で肩こりになっている人は、立ち姿で特徴が表れるというのです。

では早速チェックしてみましょう。

スポンサーリンク




立ち姿で簡単にわかる、肩こりの根本原因チェック!

立ち姿チェックにご参加いただくのは、長年肩こりに悩まされ続けている、30代から60代、22名のみなさんです。

まずは、どんな肩こりなのか症状を伺いました。

「ずっと重いリュックに、たくさん石を詰めて背負っているような感じ。

ほんとに肩こりがよくなったら、自分はどんな身体だろうと思って、未知の世界なんです。」という女性や、

「首から肩にかけてすごくなんかこう固まったような感じで、ずっと首を回すと、ぽきってなってます。」という方。

「釘でも入ってるのかな、っていうくらい、痛い。

こりというか、痛み。」など、

皆さん負けず劣らずひどい肩こりのようです。

果たして皆さんは、首や肩以外の別の場所に根本原因がある肩こりなんでしょうか?

早速チェックを行います。

その方法は、岩堀先生の前に、ただ立つだけなんです。

すぐさま先生が判定をします。

もし、ブザーが鳴ったら、首や肩以外の場所に原因があるということなんです。

まず1人目は、先ほど首がごりごり鳴っているといっていた、栗本さんです。

果たして彼女の肩こりの原因は?

なんと、立ち止まったとたんに判定され、ブザーが鳴ってしまいました!

しかも、ほぼ典型的なパターンですね、と先生はおっしゃいます。

いったい先生は、どこを見て判定しているのでしょうか?

次の松井さんは、肩に釘が刺さっている痛さだとおっしゃっていましたが、結果、該当してしまいました。

3人目は接骨院で、あまりの肩こりのひどさに、過去ワーストワンのお墨付きをもらったという松田さんです。

結果は、該当せずでした。

松田さんは首や肩以外の原因の肩こりではない、ということでした。

その後も、首や肩以外の場所に根本原因があると判定される方が続出しました。

結果、今回のチェックでは、肩こりに悩む22人のうち、16人、実に7割以上の方が該当する結果になりました。

では、岩堀先生に、みなさんの立ち姿のどこを見ていたのか、教えていただきましょう。

先生がチェックしていたのは、立ち姿を正面から見たときの手の甲の向きだったんです。

ある場所が原因ではないと判定された、松田さんの手の甲は、外側を向き、正面からは見ることができませんでした。

ところが、典型的といわれた栗本さんは、両手の手の甲が前を向き、しっかり見えていました。

首や肩以外の場所に肩こりの原因があると判定された方は、程度の差はあるものの、みなさん手の甲が正面から見えていました。

では、多くの人が該当する、肩こりの根本原因は、首や肩以外のどの場所にあるというのでしょうか?

それは、なんとおなかなんです!

実は、おなか回りの筋肉に肩こりの根本原因が隠されていると、岩堀先生はいうのです。

いったい、どういうことなのか、この後名医が詳しく解説してくださいます。

さらに、肩こりの根本原因を解消し、肩こりを直す方法もお伝えします!

実は、かなり肩こりがひどいという、高橋真麻さんに事前に立ち姿のチェックを行っていました。

結果は、手の甲がはっきり見えるということで、アウトでした。

おなか回りの筋肉に根本原因がある可能性あり、と判定されました。

では、その根本原因とは一体何なのか、詳しい名医に伺ってみましょう。

岩堀先生は、肩関節の専門医として、これまでのべ8万人もの患者さんの方を治療され、さらに、およそ1600人の医師が在籍する、日本肩関節学会の理事をつとめられる一方で、中日ドラゴンズのチームドクターとして、トップアスリートの肩を守る、日本屈指の名医です。

そんな先生に、なかなか治らない、肩こりの根本的な解消法を徹底的に聞いてみましょう。

「おなか回りの筋肉、正式には『コア・マッスル』という体幹の筋肉にあるんです。

上に横隔膜、骨盤の下に骨盤底筋、その間に腹筋、その背中側に背筋、これに囲まれている部分を『コア』というんですけど、意識しなければ、あまり使われないんです。

近年この肩こりの原因は、体幹の筋肉をしっかり使えていないことにある、と考えられるようになりました。」

では、なぜ体幹の筋肉をしっかり使えていないと肩こりになるのか?

正常な場合は、骨盤というのは適度に前方に傾斜しているんですが、体幹の筋肉をしっかり使えていないと、腹圧がなくなってしまって、骨盤が後ろに倒れるんです。

そうすると、横隔膜が下に下がっちゃうんです。

そして、背骨が曲がり、肩甲骨が前に傾き、手の甲が前を向く、そして頭の位置も前に行き、いわゆる猫背、になるんです。

そこで、肩の上についている、僧帽筋に大きな負担がかかり、肩こりになるといいます。

体幹の筋肉をしっかり使うというのは、ちょっとおなかに力を入れるだけでいいんです。

そのことを意識づけて、習慣づけることが大事なんですね。

それと同時に、体幹をうまく鍛える体操を日ごろから行うと、肩こりの改善につながるんです。

その体操の方法がこちらです。

肩こり解消、ねころび体操!

はたして、その体操はどのようなものなんでしょうか?

そしてその効果はどれほどのものなんでしょうか?

検証してみました。

1週間のねころび体操で、どれだけ肩こりが改善するのでしょうか?

検証にご協力いただいたのは、先ほどの立ち姿チェックで、手の甲が前を向き、肩こりの原因は体幹の筋肉にあると判定された、栗本彩智子さんです。

実は今回、番組に連絡をくれたのは、ご主人の竜也さんでした。

結婚して以来、長年にわたり、すぐ近くでひどい肩こりに苦しむ妻をずっと見てきた竜也さん、何とか楽にしてあげたいという思いから、今回の検証に摹石出てくれたんです。

では、夫が心配するほどの肩こりとは?

どれほど肩ががっちがちなのか調べてみます。

はかるのは、筋硬度計という、筋肉の硬さを数値化するものです。

ちなみに、筋肉ムキムキのボディビルダーさんが、力こぶを作った時の硬さが、71です。

まだ筋肉が柔らかい状態にある、小学生の平均がおよそ51です。

では、45歳主婦の彩智子さんの肩の筋肉の硬さはというと、なんと75でした。ボディビルダーさんの力こぶの硬さより、彩智子さんの方はがっちがちだっとのです!

この肩こりが、彩智子さんの生活に大きな悩みをもたらしていました。

そう、肩こりからくる、頭痛です。

薬も手放せないといいます。

この日も、30分ほど台所仕事をすると、頭が痛い、といわれていました。

肩こりを解消し、頭痛の恐怖から解消されたい、その思いを実現するために、夫婦二人で頑張ることを誓いました。

検証初日、さっそくねころび体操に挑戦です。

行うのは、ねころびながらできる、3つの簡単な体操です。

まずは、下半身ひねり体操です。

ひざをたてて、あおむけになり、腕は横に広げてください。

そして、ひざを左右にゆっくり倒します。

左右を1回、これを10回繰り返します。

下半身をひねることで、硬くなったわき腹や胸の筋肉が緩み、伸びる効果が期待できます。

続いては、上半身ひねり体操です。

まず、横向きに寝て、ひざを直角に曲げ、両腕を伸ばして、手のひらを合わせます。

そして、弓を引くように腕を胸の方へ引き寄せ、ゆっくり元に戻します。

この動きを左右で10回繰り返します。

胸を開いたり閉じたりすることで、背中や肩回りの筋肉が緩み、伸びるのです。

そして最後は、お尻もち上げたいそうです。

あおむけで寝て、ひざを立てます。

次に、片方の膝を上げ、胸に近づけるようにして、おしりを持ち上げましょう。

そしてこのままの状態で3秒間キープします。

この動きを左右で5回づつ繰り返します。

ねころびながらですが、腹筋を中心とした体幹の筋肉をしっかり鍛えます。

やはり、筋力が衰えていたのか、なかなかきつそうでした。

この3つの体操を行うことで、体幹の凝り固まった筋肉がほぐれ、かつ、鍛えられることで、猫背だった背筋が伸び、僧帽筋への負担が少なくなるのです。

果たして、1週間で彩智子さんの肩こりはどこまで改善するのでしょうか?

検証2日目、コーチ役のご主人に見守られながら、ねころび体操に取り組む彩智子さん。

愛情あふれるやさしいアドバイスにも支えられ、ちょっぴりつらいおしりあげも頑張ってこなしています。

すると、3日目の夜、早くも変化があったといいます。

竜也さんの愛情と体操の効果なんでしょうか?

少し肩が柔らかくなりはじめているというのです。

こうして1週間、ねころび体操に取り組んだ彩智子さん、検証終了です。

はたして、彩智子さんの肩こりは、どうなったんでしょうか?

本人は、柔らかくなった感じ、と感じているようですが、実際はどれほど柔らかくなったのか、さっそく計測してみることにしました。

検証前の数値は、75でしたが、なんと、51になっていました。

小学生の平均と同等なまでに改善していたのです。

わずか1週間で驚きの効果が確認された、肩こり解消ねころび体操。

皆さんもぜひ、お試しくださいね。