世界一受けたい授業 内臓脂肪減らす方法 4/28

2018年4月28日に放送された「世界一受けたい授業」では、話題の本に学ぶ内臓脂肪を減らし、最速で落とす方法が紹介されました。

日本人は内臓脂肪がつきやすい体質だそうで、玄米と合わせて食べるとより内臓脂肪が減り落ちやすくなる食べ物があるそうです。

その食べ物とは一体何だったのでしょうか?

ということで、世界一受けたい授業 内臓脂肪を減らす方法について書いていきます!

スポンサーリンク




世界一受けたい授業 内臓脂肪減らす方法

2018年4月28日に放送された「世界一受けたい授業」では、話題の本に学ぶ内臓脂肪を最速で落とす3つの方法が紹介されました。

ウォーキングの前に10分間(???)するだけで、内臓脂肪が落ちやすくなる!

一体何をするんでしょうか?

スポンサーリンク




こわーい内臓脂肪

日本人の平均寿命を見てみると、女性の方が、およそ6年長生きなんです。

これは、がんや糖尿病が原因で死亡する男性が多いからです。

実は、これらの病気と深くかかわっているのが、内臓脂肪です。

内臓を固定する働きがあるためある程度必要ですが、増えすぎると体をむしばんでいくのです。

脂肪がたくさんついている人はある機能が鈍くなります。

それは、満腹中枢なんです。

太れば太るほど、食べるのをやめる指令が鈍くなるので、食欲が止まらない悪循環になるのです。

内臓脂肪が増えるのは、大人だけではありません。

今や、子供のおよそ10人に1人は肥満です。

中には、血管が硬くなる、動脈硬化のこどもまでいます。

「内臓脂肪がすぐに燃えて消えていく、そんな体質に変えることができます。」

そう教えてくれるのは、今ベストセラー『内臓脂肪を最速で落とす』の著者、奥田昌子先生です。

脂質が入っていないのに脂肪を増やす残念な食べ物とは?

ウォーキングの前に(???)を10分すると、内臓脂肪が落ちやすくなる。

話題の本が15分でわかる、危険な内臓脂肪を確実に落とす方法です!

スポンサーリンク




内臓脂肪は肝臓がんのリスクが2倍

https://twitter.com/OtoSaku_apr/status/992372914438615040

内臓脂肪の危険な目安というのは、おへそまわりが男性で85cm以上、女性で90cmを超えるとアウトなんです。

男性で身長が185cmを超える方は、身長の半分が目安になります。

ウエストが目安以下でも、食生活の乱れとか、喫煙によっては、痩せていても内臓脂肪が多い方がいらっしゃるんです。

特に隠れメタボは、女性に多いといわれています。

実は、人種によって、内臓脂肪のつき方は違うんです。

残念なことなんですが、内臓脂肪がつきやすいのは、日本人のほうなんです。

おへそ回りが同じ日本人と白人を比べると、日本人は内臓脂肪が多くて、白人は皮下脂肪が多いんです。

そして、体に悪いのはやはり内臓脂肪のほうなんです。

では、内臓脂肪がたまると、体にどんな影響があるんでしょうか?

内臓脂肪がエネルギーに代わるとき、脂肪細胞の中から大量の脂肪酸が出てきます。

それが静脈に取り込まれて、全身に流れていくんですが、最初に流れ込むのが肝臓なんですね。

肝臓は脂肪を分解しますけれども、脂肪酸があまりにも入ってくると、作業が追いつかなくなってしまいます。

それで、脂肪肝になってしまうんです。

近年、お酒を飲まない人の脂肪肝が増えているのは、食べすぎが原因です。

そして脂肪肝は、肝臓がんを誘発するため、内臓脂肪がついている人は、肝臓がんになるリスクが2倍もあるのです。

実は、世界の肝臓がんの4分の3がアジア、主に東アジア、中央アジア、東南アジアが中心です。

その原因の一つが、日本人を含むアジア人が内臓脂肪が付きやすい体質だからなんです。

ハーバード大学がん予防センターの調査によると、がんの原因は、食事と肥満が30%なんです。

さらに、40代の中年期に肥満の人は、認知症の発症率がなんと3倍以上高くなるという報告があります。

実際に、アルツハイマー患者さんの60%が、内臓脂肪の面積が基準を超えているんです。

痩せていても内臓脂肪が多い人はいます。

内臓脂肪が多い人によく見られる症状が、便秘です。

内臓脂肪がつきすぎると、腸が自由に動かず、食べ物をスムーズに送り出せなくなり、便秘になるのです。

また、内臓脂肪が胃を圧迫して食べ物と胃酸が食道にあがってしまう、逆流性食道炎もよく見られます。

このあと、話題の本に学ぶ、内臓脂肪を最速で落とす方法。

実は果物は要注意!

このこわーい内臓脂肪を落としてくれる食べ物とは?

収録前に、スタジオの皆さんの内臓脂肪の面積を計測しました。

内臓脂肪が1番少なかったのが、菅田将暉さんで、10㎠。

ワースト2は石原良純さんで、100㎠で、ワースト1は、有田哲平さんで、149㎠でした。

それでは、内臓脂肪を落とす、3つの方法を教えていただきましょう。

覚えておきたい!内臓脂肪を落とす方法

その1・脂質を抑える

脂質の代表といえばお肉ですよね。

下ごしらえで、無駄な脂身を取ったり、おいしいですが、鶏肉の皮は切り落としましょう。

調理は、揚げるよりも、焼く、焼くよりも煮ることで、脂肪の量がぐんと少なくなります。

魚にも脂質はありますが、青魚は食べていただいた方がいいんです。

なぜなら、青魚に多い、DHAとかEPAには、内臓脂肪をつきにくくする働きがあるからなんです。

特に、サバの味噌煮なんかいいと思います。

飲みすぎたり、食べすぎると、要注意なのが、お酒と果物です。

脂質がほとんど入っていないにも関わらず、脂肪を増やす要因となるのです。

お酒は食欲を高めるホルモンを胃と脳から分泌させ、内臓脂肪がたまるのを手伝います。

果物に含まれる果糖は、血糖値を上げないかわりに、脳に満腹シグナルが送られません。

その結果、ついつい食べ過ぎてしまい、肝臓で中性脂肪に変わるのです。

内臓脂肪のつきにくい、先生おすすめの果物があります。

それは、いちごです。

いちごは果糖が少なくて、ぶどう糖と果糖が結びついてできるショ糖も少ないので、どうしてもフルーツが食べたいときは、イチゴがおすすめなんです。

その2・アディボネクチンを増やす!

脂肪を燃やしてくれるのが、脂肪細胞から分泌される善玉物質、アディボネクチンです。

ところが、日本人の約40%が、アディボネクチンが少ないんです。

では、アディボネクチンを増やす食べ物とはなんでしょうか?

それは、昔からよく食べられている玄米でした。

大豆もおすすめなんですよ。

先生は、大豆と玄米のキーマカレーと、オクラ、トマト、わかめの入ったサラダとともに紹介してくださいました。

続きまして、食事以外で内臓脂肪を落とす方法があります。

その3・日々の生活の中で落とす

内臓脂肪を増やす、意外な原因があります。

それは、睡眠不足です。

昼間に眠くなるなど、睡眠が足りていない人ほど、肥満度が高いということがわかっています。

なぜなら、睡眠不足になると、胃からグレリンというホルモンが出てくるのですが、これは、食欲を高めます。

反対に、食欲を抑えるホルモン、レプチンが少なくなるので、食べても食べても満腹感がないのです。

また、内臓脂肪を減らすのが男性ホルモンです。

実は、運動をすると、男性ホルモンは確実に増えます。

もちろん、運動すれば、女性でも脂肪を燃やすことはできます。

おすすめは、有酸素運動であるウォーキングです。

1日30分、スピードは普通の散歩より早めにしてください。

一緒に歩いている人と、かろうじて笑いながら会話ができるのが目安です。

有酸素運動の前にあることを10分間すると内臓脂肪が落ちやすくなるんですが、それは何でしょうか?

それは、筋トレなんです。

筋トレは、腕立て伏せ30回とか、なんでも10分間汗ばむ程度行うだけで大丈夫です。

一番ダメなのは、寝不足で、運動もせず、肉ばっか油の多い肉ばっかり食べることです。

内臓脂肪が気になる方は、脂物をひかえ、よく寝て、毎日30分歩いて、ごはんを2口減らしてください。

これを続ければ、内臓脂肪は確実に落とすことができます!

みなさんもやってみましょうね!

関連記事⇒世界一受けたい授業 酢キャベツで丸山桂里奈が痩せた!

関連記事⇒得する人損する人 ラクやせ最新情報と痩せる食材 5/3