スポンサーリンク




たけしの家庭の医学で紹介された便秘解消食材

2018年5月15日に放送された「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では、便秘解消が期待できる食材が紹介されました。

便秘で心筋梗塞や脳梗塞のリスクが2倍になるって、知っていましたか?

便秘解消のカギを握る成分が最新の研究で判明し、なかなか治らない便秘の解消に効果が期待される“ある食べ物”が判ってきました。

果たして便秘解消が期待できるその食べ物とは、一体何だったのでしょうか?

ということで、たけしの家庭の医学で紹介された便秘改善食材について書いていきます!

スポンサーリンク




たけしの家庭の医学で紹介された便秘改善食材

2018年5月15日の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では、健康寿命を延ばす、便秘解消食材が紹介されました。

突然ですが、あなたはこんな事実をご存知でしょうか?

動脈硬化などが原因で、血管が詰まる。

心臓や脳が壊死する、心筋梗塞や脳梗塞。

どちらも最悪の場合、死に直結する恐ろしい病です。

そんな病の発症リスクとして、最近医学界で注目されている症状こそが、便秘症なんです。

腸内にたまった便により、毒素が大量に発生し、その毒素が血管を傷つけ、病の発症につながると考えられています。

実際、アメリカの権威ある医学雑誌に掲載された論文でも、慢性的な便秘がある人の15年後の心筋梗塞や脳梗塞などによる死亡率は、便秘でない人に比べ、なんと約2倍近いといわれているのです。

だからこそ、たかが便秘と考えず、すぐに解消することが大切です。

そんな便秘に悩む皆さんに朗報です!

最新の研究で、なかなか治らない便秘の解消に効果が期待される、ある食べ物が分かってきたのです。

ちなみに、街の人はどんな食べ物で便秘対策をしているのかきいてみました。

皆さんの回答で多かったのは、食物繊維の多いごぼうなどの食べ物や、ヨーグルトなどの発酵食品でした。

確かに、食物繊維は便のかさを増やすことで、腸内の便を押し出すといわれています。

一方、発酵食品は、腸内細菌の状態を正常化し、腸の運動を促進し、排便を促すといわれています。

しかし、今回番組が方法を入手した食べ物は、これまでとは全く違うアプローチで、腸に作用し、便秘を解消する効果が期待できるという物です。

果たして、便秘解消ができる食べ物とは一体なんなんでしょうか?

スポンサーリンク




うんちを調べよう!

その食べ物の正体を知るには、まず、私たちの「あれ」を徹底的に調べなければなりません。

「あれ」とはズバリ、うんちです!

お食事中の方には大変申し訳ありませんが、うんちのなかにこそ便秘解消の食べ物を知る正体を知るカギが隠されているのです。

そこで、今回の検証は、便秘の人と、快便の人のうんちを徹底比較し、便秘解消のカギをあぶりだします。

検証にご協力いただいたのは、普段から便秘気味という、50代以上の女性4名と、全くの便秘知らずという女性の、あわせて5名です。

みなさん、よくぞ協力してくださいました。

ありがとうございます!

そんな皆さんに、現在のお通じの状況を伺いました。

1人目は、便秘にお悩みの、篠正子さん70歳です。

便秘歴50年以上という篠さん。

対策として、毎日ヨーグルトを食べているそうです。

続いても、便秘に悩む、数井直子さん54歳です。

3~4日に1度しかお通じが出ない数井さんは、毎日、緑黄色野菜と、野菜の具だくさんおみそ汁で対処しているそうです。

しかし、対策はしているものの、スッキリ感がないと皆さん口をそろえておっしゃいます。

一方、快便賢者の坂本澄枝さん61歳のお通じはというと、

「そんなに力まずに、スルッと出るような感じです。

だいたい朝が多かったりとか、朝起きたときにトイレに行きたかったりとか。」

と、うらやましい限りの快便ぶりです。

果たして、便秘に悩む4名の皆さんと、快便賢者のうんちでは、どんな違いがあるのでしょうか?

今回の検証では、医療現場で使われている採便キットをみなさんにお渡しし、便を採取していただきます。

そしてその便を、成分分析専門機関で、特殊な装置を使い、15日間かけて成分を分析します。

快便の人のうんちと、便秘の人のうんちの違いを、科学の力で徹底的に洗い出します。

ということで、5日間かけて皆さんの便を集め、すぐさま分析機関へ行きました。

15日間かけて分析したところ、快便賢者の坂本さんと、みなさんの便にはっきりとした違いがあることが分かりました。

それは、便に含まれるある成分の違いでした。

果たして、その成分とは何なんでしょうか?

便秘治療のエキスパートのもとを訪ねました。

横浜市立大学肝胆膵消化器病学教室主任教授、中島淳先生です。

便秘解消のカギ、それは、胆汁酸と呼ばれる成分です。

胆汁酸とは、誰もが体内に持っている消化液のことです。

この胆汁酸が食べたものと一緒に大腸に到達すると、大腸が活発に動き出し、便を作ったり、また作った便を肛門まで運んだりと、排便の機能を活発にする効果があることが近年の研究でわかってきたのです。

では、快便賢者の坂本さんの便に、胆汁酸の量はどのくらい含まれていたのでしょうか?

彼女の場合、便1g中に胆汁酸は5.9でした。

この数値を基準とお考え下さいね。

果たして、便秘症の4名の方々は、この基準と比べ、どのくらい少ないのでしょうか?

全員一斉に発表します。

なんと全員が快便賢者の半分くらいの量しか含まれていなかったのです。

今回の検査で、はっきり違いがわかれた快便の人と便秘の人のうんちに含まれる胆汁酸の量の違いですが、では、いったいどうしたら胆汁酸の量を増やせるのでしょうか?

そう、ここで登場するのが、便秘解消食材です。

この後名医がその気になる便秘解消食材を詳しく解説します。

しつこい便秘解消に役立つ情報もご紹介します!

便秘解消食材とはなんなのでしょう?

それでは先ほどの名医、中島先生に伺いましょう。

中島先生は、20年以上にわたり、腸をはじめとした消化器の病の治療、研究に尽力される一方、便秘治療の研究をライフワークとしています。

昨年、日本で初めて発行された、慢性便秘症治療ガイドラインの作成にも尽力されており、日本人の便秘撲滅を目指す、頼れるエキスパートです。

今日はそんな中島先生に、今医学界で注目されているという胆汁酸、そして、食材についてくわしくおしえていただきましょう。

「この胆汁酸というのは、便秘研究の分野でも最新のトピックスなんです。

胆汁酸というのは、便を作り、そして便を運び、排出するという、排便機能に関するスイッチのような役割をしていることが分かってきました。」

便秘の方は、胆汁酸がたくさん大腸に届いた方がいいんです。

ということで、今回注目したいのが、この便秘を解消する食材です。

この便秘解消食材をとることで、大腸に届く胆汁酸の量が変わってくるということなんです。

それはそういうことなのか、模型を使って説明してくださいました。

本来胆汁酸は、そのほとんどが小腸で吸収されてしまうため、少量しか大腸には届きません。

便秘症の人は、なぜか届く胆汁酸の量が、さらに減ってしまうため、治りずらい便秘になることがわかってきたのです。

そして便秘解消食材というものは、胆汁酸を吸着する成分が非常に多く含まれているんです。

そのため、この食材をとると、大腸に胆汁酸を効果的に届けることができて、便通の改善や便秘の予防に非常に効果が期待できるんです。

さあ、お待たせしました。

その便秘解消食材とはなんなのでしょうか?

便秘解消のカギ、胆汁酸を大腸に効果的に届けることが期待される食べ物とはなんなのでしょうか?

その食材の特産地を訪ねてみました。

東京から車でおよそ3時間半、やってきたのは静岡県浜松市です。

静岡といえば、お茶や、うなぎなどが有名ですが、お目当てはそれらとは全く違う食べ物なんです。

その食べ物は畑で作っているといいます。

見てみますか?といって農家さんが畑から掘り起こしてくれたのは…

そう、胆汁酸を大腸に多く届け、便秘解消に効果があると考えられているのは、エシャレットという野菜なんです。

聞きなれない名前かもしれませんが、エシャレットとは簡単に言えば、生で食べられるラッキョウのことなんです。

仏のラッキョウは、生で食べると辛味が強いので、お酢などにつけて食べることが多いですが、エシャレットは、そんなラッキョウを品種改良し、より生でも食べやすくしたものです。

一説によると、西洋野菜、ネギ科のエシャロットと見た目がよく似ていることから、一文字変えてエシャレットと名付けられたそうです。

最近では、街のスーパーの野菜売り場にもよく並んでいるので、目にした方も多いのではないでしょうか?

では実際にどんな味がするのか、ゲストの皆さんに試食していただきます。

タマネギのような、でもそんなに辛くもなく、さっぱりしているとのこと。

でもなぜこのエシャレットに便秘解消効果があるのでしょうか?

多くの場合、体内で作られた胆汁酸は、小腸で吸収されてしまい、大腸にはほとんど届きません。

しかし、水溶性食物繊維を含んだ食べ物を食べると、水溶性食物繊維が胆汁酸を包み込み小腸で吸収されるのを阻止します。

大腸までふんだんに届いた胆汁酸が大腸の動きを活発にすることで、便秘を解消してくれると考えられているのです。

そんな水溶性食物繊維を含む量が、生で食べられる野菜の中で最も多いものの一つが、エシャレットなんです。

しかし、ここでひとつ大きな問題があります。

中島先生によれば、便秘解消が期待できる水溶性食物繊維の量は、1日6gです。

これは、水溶性食物繊維が最も多い野菜の一つ、エシャレットでも、およそ8本で、毎日食べるのは大変です。

一体どうすれば効率よくエシャレットを毎日食べることができるんでしょうか?

そこで、エシャレット料理に詳しいという、エシャレット農家の脇田さんのお宅を訪ねました。

エシャレット料理を伝授していただきましょう!

実は脇田さんの奥様、ひとみさんは、以前は便秘気味だったようですが、エシャレット料理をたくさん食べ始めてから軽便になったのだとか!

そんな、脇田さんのお宅のキッチンにお邪魔させていただくと、なんと、エシャレット専用の冷蔵庫がありました!

その冷蔵庫の中を見せてもらうと、大量のエシャレットが入っていました。

これで一体どんなエシャレット料理を作るんでしょうか?

よく家で作っているのが、エシャレット餃子だそうです。

さすが、餃子の本場浜松ですね。

その作り方は、エシャレット(50本)をあらいみじん切りにし、豚ひきにく(200g)と混ぜ、味付けをしたらこねてあんを作ります。

あとは餃子の皮で包むだけです。

餃子づくりは、子供たちもお手伝いしていました。

包んだ餃子をフライパンで蒸し焼きにすれば、エシャレット餃子の完成です。

きつね色に焼けた表面が食欲をそそる一品です。

お肉との相性も良く、辛さもなく、火を通すと甘みが強く出るので、お子さんたちも大好きだそうです。

こちらの脇田さんのお宅では、大人は生エシャレットに味噌をつけて食べたりもしますが、それ以外にもエシャレット餃子や、エシャレットパスタ、エシャレットの天ぷらなど、加熱して料理に混ぜることで大量のエシャレットを摂取できていたのです。

実は、便秘解消のカギ、胆汁酸は油をとるとより多く分泌されるといわれています。

そのため、エシャレットを餃子やパスタはもちろん、揚げ物や炒め物などにすると、脂と水溶性食物繊維が同時に取れ、より効果的に大腸に胆汁酸を届けられるのです。

では、このエシャレットの調理法で頑固な便秘をどれだけ解消できるんでしょうか?

エシャレット生活で検証しました

そこで、続いての検証は、エシャレット農家さんの調理法で、しつこい便秘解消を会座します。

協力してくれたのは、50年便秘に悩まされ続けている、篠正子さんです。

便に含まれる胆汁酸の量が少ないからか、お通じは3日に1度のペースです。

そんな篠さんに行っていただくのは、5日間の便秘解消エシャレット生活です。

毎日食べるエシャレットの量は、水溶性食物繊維が6g取れるおよそ8本です。

料理好きだという篠さんに、エシャレット農家の調理法をお伝えし、いよいよ検証開始です。

ちなみに篠さんの排便状況は、検証前日にお通じが確認されていますので、いつもの3日に1度のペースなら、しばらくは便秘が続くはずです。

果たして、エシャレット料理で、50年にわたって悩まされ続けてきた便秘が改善されるのでしょうか?

検証初日、朝食のエシャレット料理は、シンプルに生のまま、酢味噌をつけていただきます。

篠さんにはちょっと辛味が強かったようです。

そこで、お昼ご飯は、ジャガイモとベーコンのピザに、エシャレットをトッピングした特製ピザを!

そのお味は、全然辛味がなく、油を使ったエシャレット料理が気に入ったようです。

検証初日、晩御飯には天ぷらをし。彼女が食べたエシャレットの本数は7本でした。

残念ながらこの日のうちに快便、とまではいきませんでしたが、水溶性食物繊維1日の摂取量、6gを見事クリアです。

検証2日目、朝食はご主人と夫婦水入らずです。

篠さんが食べているのは、ネギの代わりにみじん切りにしたエシャレットを入れた納豆です。

すると、朝食後、彼女にある変化が!

食べ終えた彼女が向かった先は、トイレでした。

いつもなら、まだまだ出ない排便サイクルなのですが、もしかしてエシャレット効果でしょうか?

まだ、完全にすっきりとまではいきませんが、早くも、エシャレット効果を実感できて一安心です。

さらにその後も、焼肉屋パスタといった料理にエシャレットを使い、順調に食べ続けた篠さん。

すると3日目にも!

さらに4日目にも!

エシャレット効果は見事発揮され、なんと連日のお通じがあったのです。

そして検証最終日、お昼ご飯には、篠さんの大好物に使ったといいますが、何なのでしょうか?

それは、玉ねぎの代わりにエシャレットを丸ごと4本使った特製の親子丼でした。

すると、この日も食後まもなく!

この日も理想的なお通じに恵まれた篠さん!

ということで、今回の検証では、エシャレットをしっかり食べることで、かなりの効果が得られました。

何をやっても治らない、としつこい便秘にお悩みの皆さんも、ぜひお試しくださいね。

関連記事⇒たけしの家庭の医学で紹介された肩こり体操 4/24

関連記事⇒たけしの家庭の医学 頻尿マッサージ