あさイチ 1日保険 4/19

2018年4月19日の「あさイチ」では、大型連休に役立つかもしれない「1日保険」について放送されました。

必要となるその日の分だけ、数百円から加入できる保険なんです。

最近、ぞくぞくと色々な種類の保険が出ているのですが、中でも利用者の多い1日自動車保険についてまずはご紹介します。

スポンサーリンク




1日自動車保険のメリット

1日だけでも加入できる自動車保険は、多くの損害保険会社が様々なサービスを売り出しています。

1日500円から加入でき、金額に応じた補償を受けられます。

事故の相手への賠償から、レッカー車の対応、自分が怪我を負った場合の治療費など、通常の自動車保険と遜色ありません。

スマートフォンを使えば、車を使う当日の申込みも可能です。

いち早く取り扱いを始めた損害保険会社に話を聞いていました。

1日だけの保険には、どういったメリットがあるのでしょうか?

「車を所有してない、若いお客さまを中心に、友人の車を借りて運転したいけれども、保険が心配ですとか、親の車を運転したいけれども、その車の自動車保険では自分が対象になっていない場合など、お客さまのケースに応じてご利用いただいております。」ということでした。

実際に利用した人のケースです。

帰省した時、実家の車を借りて一人で運転していたところ、交差点で出会い頭に他の車と衝突してしまい、相手に怪我まで負わせてしまいました。

さらに実家の車も壊れ、修理が必要になってしまいましたが、実は運転前にネットで知った1日保険に加入していた為、補償を受けることができました。

もし保険に入っていなければ、相手への賠償(対人賠償200万円、対物賠償25万円)や車の修理(45万円)に実費で270万円かかってしまうところでした。

しかし、1日1500円の保険に入っていたため、自己負担は対人賠償・対物賠償を保険で補償され0円、車の修理費15万円で、自己負担は15万円で済みました。

スポンサーリンク




大型連休に役立ちそうな1日保険

レジャー・国内旅行

1日300円から加入できます。

自分が事故によってケガをしてしまったときの治療費や、他の人をケガさせたときの賠償も補償の対象になります。

スポーツをしていて、テニスやゴルフのボールを当ててしまって、ケガをさせてしまったときも、補償の対象になります。

カメラの1日保険

1日40円から加入できます。

デジタルカメラが、メーカー補償に含まれていない水ぬれなどで故障した際の修理を行ってくれます。

ただし、発売から3年以内のものが対象です。

お天気保険

旅行中に雨が降った時、旅行費用の一部が返金されるというものなんです。

一部の旅行会社が、申込みの際のオプションとして販売しています。

1年中通して申込みができるということです。

保険会社によって、3~4日前まで申し込めばいい、ということになっています。

天気予報を見て、雨が降る恐れがある場合は、入っておくと安心かもしれません。

スポンサーリンク




お得に使う際のポイント

みなさんがすでに入っている保険と重複すると、せっかくの安い保険も無駄になってしまいます。

特に見落としがちなのが、クレジットカードについている保険です。

例えば、クレジットカードに国内旅行保険がもともとついている場合がけっこうあります。

カードですでに保険があるのに、1日保険に二重で入ってしまうケースがあります。

クレジットカードには、旅行中のケガや携行品の破損・紛失など、様々なトラブルへの保証がついていることがあるんです。

クレジットカードがあれば、国内旅行やレジャー保険は必要ないのか?というと、

通常クレジットカードの場合、持っている人が対象になるケースが多いです。

子供が出かける時、母親が心配なときに1日保険に加入するということが多いかもしれません。

また、クレジットカードによって補償の対象は様々で、違いがあります。

クレジットカードの保険のチェックポイント

対象となる旅行が海外旅行のみのものもあれば、国内旅行を含む旅行全般のものがあります。

さらに、カードを持っていれば自動的に補償してくれるものもあれば、旅行費用をカードで支払った場合、カードを利用した時のみに補償するものもあります。

カードによって様々なので、自分が持っているクレジットカードの補償対象を調べた上で、1日保険への加入を検討してみてください。

どこを見たら確認できるのか?ということですが、保険会社から送られてくるパンフレット(冊子)に書いてあります。

パンフレットの字が細かくてわかりにくいという方は、ホームページで調べると見られます。

また、直接問い合わせても教えてもらえます。

保険田マイケル