得する人損する人 もやし豆苗レシピ 3/1

2018年3月1日の「得する人損する人」は、福士蒼汰さんも絶賛した「もやし豆苗活用ワザ」でした。

野菜が値上がりする時期に、家計に優しい助っ人食材12品とお買い得な豆苗&もやしの活用ワザが紹介されました。

豆苗をあるモノで炒めて青臭さを感じにくくする得ワザ、野菜炒めがたったひと手間でシャキシャキになるなど、見逃せない内容でした!

ということで、得する人損する人 もやし豆苗レシピについて書いていきます♪

スポンサーリンク




豆苗って、そもそも何?

豆苗(とうみょう)はエンドウの若菜のことを言います。

元々は大きく成長したエンドウの若い葉と茎を摘んだもので、中華料理の高級食材として使われていましたが、最近は主に豆から発芽させた幼い状態のエンドウが根付き、またはカットされて販売されています。

貝割れ大根やブロッコリースプラウトなどのコーナーで販売されていますよね!

もともとは、中国で豆苗としてエンドウの若菜を食べるようになりました。

豆苗は、収穫される量も時期も限られるため、一部の高貴な人やお正月などの特別なときにしか口に出来ない希少品でした。

日本に豆苗が登場するのは1970年代の日中国交回復以降です。

1995年頃から、植物工場で豆を発芽させた状態の豆苗が栽培されるようになると、年間通して安定生産が可能となり、一般野菜として家庭にも浸透するようになりました。

特に2008年のリーマン・ショック以降、豆苗の需要は急速に伸びています。

いつでも安い食材ですし、青物野菜が少ない時期でも手に入るので、とても重宝しますよね。

豆苗の栄養は、あなどれません。

豆苗は、β-カロテンを100g当たり4700μgと豊富に含んでいます。

これはホウレンソウ100g当たりのβ-カロテン量4200μgの約1.119倍に相当します。

その他にもビタミンEやビタミンK、葉酸やビタミンCも豊富で、β-カロテンを含めたこれらの栄養成分は一般的な緑色葉物野菜(ホウレンソウ、小松菜、春菊、ニラ)の含有量を上回ります。

安い上に栄養価が高いことが分かりましたので、今まで買ったことがなかったのですが、色々な料理に使う価値アリですね!

スポンサーリンク




得する人損する人 もやし豆苗レシピ

今、白菜が昨年の2倍の700円!まだまだ続く野菜の高騰ですが、そんな家計のピンチに安定した値段で心強い味方となるのが、「助っ人食材12品」。

番組で主婦100人にアンケートをとり、頼りになると高評価を得た12品は、豆苗、玉ねぎ、にんじん、もやし、きのこ、魚肉ソーセージ、卵、油揚げ、カニカマ、鶏ひき肉、豆腐、はんぺんです。

12品の総額は1160円です。しかし、これらの助っ人食材は、お値段は安定しているものの、味がイマイチ、使い道があまりない、と残念なポイントが。

そこで、助っ人食材をお得に使えるワザを一挙紹介です。

豆苗ですが、「あの臭いが苦手」「独特の青臭さが気になる」という声も多いのですが、美味しく利用する方法も教えてくれます。

スポンサーリンク




豆苗の再生栽培のスピードUP法

豆苗の再生栽培がスピードUPする得ワザが紹介されました。

ウル得マンは、豆苗を半分くらい残して切りました。

脇芽という成長点を残して切ることで、成長がより早まるんです。

万能につかえる「ウル得フレーク」

フライパンには大さじ2のサラダ油を引き、鶏ひき肉200gを5分炒めます。

そこに、すりごま大さじ1、砂糖小さじ1、塩小さじ1を入れます。

これが「ウル得フレーク」です。

ウル得フレークは「作り置き食材」と呼ばれ、冷凍保存できるので大流行しています。

関連本は90万部を超えるヒットです。

下ごしらえ

にんじんの皮は栄養価が高いので、皮をむかずにそのまま使います。

にんじんを細い千切りにします。

えのきを一口大にカットし、ボウルに移します。マイタケやしめじも同じようにカットします。

はんぺんはマッシャーで潰しておきます。

玉ねぎ丸ごとあんかけ

玉ねぎ1個を使い切り、食べ応えと栄養が満点です。高級料亭の立派なメーン料理に変身です。

  1. 玉ねぎの根の部分をとっていき、皮をむいたら、ラップをしてレンジでチンします。
  2. 鍋には水600mlいれ、鶏がらスープ大さじ1/2を加えていきます。
  3. スープに中に出来上がった鶏ひき肉を半分くらい入れます。
  4. レンジでチンした玉ねぎをそのままスープに入れ、煮込みます。
  5. 玉ねぎを取り出し、スープにしょうが小さじ1を入れ、水溶き片栗粉大さじ1であんにしていきます。
  6. 玉ねぎにあんをかけたら完成です。

 

にんじんシリシリ

最近では給食でもよく出る沖縄の郷土料理「にんじんシリシリ」です。

にんじんの自然な甘みが引き出された味付けは、きっとお子さんも喜ぶと思います。

  1. 千切りにしたにんじん130gを鶏ひき肉を炒めたフライパンに入れ、魚肉ソーセージ1本をにんじんと同じくらいの長さに切り、フライパンに入れます。
  2. 玉ねぎをスライスし、にんじんと魚肉ソーセージが入ったフライパンに玉ねぎ20gを入れます。
  3. 卵をボウルに割りいれ、紅しょうが適量をみじん切りにして、加えます。
  4. 砂糖と塩少々加え、卵を入れます。ごま油少々を加えて、できあがりです。

油揚げのピザ

油抜きをせず焼くことで、こんがりパリパリになります!

  1. 油揚げは、菜ばしを転がし、内側に隙間ができて、きれいにはがれるようにしておきます。
  2. 油揚げを開いたら、マヨネーズ大さじ1に、味噌小さじ1を混ぜ合わせ、にんにく小さじ1/3を加えたものを、油揚げの内側に塗ります。
  3. 油揚げの上に、玉ねぎ30gときのこ40gをのせ、カニカマを1本ほぐしてのせます。
  4. オーブンに入れて焼きます。

スタミナじゅうじゅう焼き

フライパンにのせたまま食べます。火が通らない順に重ねて放置。仕上げに特製ダレをかけただけ!

  1. 豆苗50gをサラダ油とごま油で炒めます。ごま油で豆苗の臭さが取れます。
  2. 炒めた豆苗をボウルに入れ、そこにもやし250g、きのこ150g、にんじん25g、玉ねぎ30gを順番に入れます。
  3. フライパンに具材の入ったボウルをひっくり返し、火の通りにくいものから下にして、野菜を放っておくだけでシャキシャキに炒める得ワザです。
  4. お酒大さじ3とごま油を入れます。
  5. 上の豆苗の緑が鮮やかになったら、卵の黄身1個を乗せ、ウル得フレーク50gを入れます。
  6. 焼肉のたれ大さじ2とだししょうゆ大さじ2を合わせた特製ダレを作り、野菜にかけて出来上がりです。

野菜が混ざった状態だと、火が通りやすいものと、火が通りにくいものが一緒に炒められることになります。

すると、火が通りやすいもやしも、通りにくいものと同じ時間炒めることになり、もやしの水分が出てしまいます。

火が通りにくい硬い野菜から下に配置すると、調味料からスチームがでるので、放っておくだけで蒸し焼きになり、シャキシャキに仕上がります。

逆に上に積んだ火が通りやすい野菜は、熱が入り過ぎないので、水分が出ずシナシナにならないのです。

白麻婆豆腐

玉ねぎで煮込んだもので作ったあんを再利用して作ります。

  1. 玉ねぎを煮込んだときの余ったあんを使って、違う料理に派生させます。
  2. 牛乳大さじ1をあんの中に入れます。
  3. さいの目に切った豆腐を入れ、山椒小さじ1/3、ごま油小さじ1/2を入れて完成です。

豆苗揚げ餃子

  1. 最初に炒めておいた豆苗にマッシャーでつぶしたはんぺん1/2枚と鶏ひき肉のフレーク50gを入れます。
  2. にんにく小さじ1/3、しょうが小さじ1を入れ、混ぜます。
  3. 餃子の皮4枚に、具を包みます。
  4. 油で揚げて完成です。

野菜のさつま揚げ

  1. はんぺん1/2に卵白1個分と、レンジでチンして水を切った豆腐1/2丁、細かく刻んだにんじん25g、きのこ40g、片栗粉大さじ3を入れ、混ぜていきます。
  2. 形を整えて、油で揚げていきます。
  3. きつね色になったら完成です。

きのこナシゴレン

ナンプラーを使わずに冷蔵庫にあるもので代用しています。

  1. フライパンに油を引き、鶏ひき肉のフレーク50gときのこ75gを炒めます。
  2. ご飯300gを入れて、ケチャップ大さじ3、ラー油小さじ1/3、しょうゆ少々を入れて炒めます。
  3. レモン汁小さじ1を入れ、炒めてパラパラにします。
  4. 卵1個を油にそのまま入れ、白身が固まったら、ご飯にのせて完成です。

まとめ

残念なポイントもある助っ人食材12品が、食卓を彩る主役8品に大変身しました。